なるべく親族を保証人にする

入居審査の通過にかかわってくる

賃貸住宅に入居する際に必要となってくるケースが連帯保証人というものは、決して親族である必然性がない物件も存在します。しかし、連帯保証人になるという事は重い責任が発生するため、大家さんや不動産会社はそれを基本的に歓迎はしません。もし完璧に気に入る物件が見つかったとしても、友達など外部の人間が連帯保証人である事によって入居審査に落ち、せっかくの気にいった物件に入居できない場合があります。そういった意味で、親族を立てる事が推奨されています。また入居審査を受ける度に様々な書類を新たに用意したり記入したりする必要が出てきます。その際、回を重ねてくると他人だと頼むのに気が引けてしまうという意味でも親族に依頼する事がベストと言えます。

人間関係に亀裂が入る恐れがある

続いて、人間関係に亀裂が入る可能性がある事も考慮しなければなりません。もし居住者が失職した・病気で家賃が払えない・借金で家賃が払えないといったような事が起こると、保証人が替わりに家賃を支払う事になります。その際、もし保証人になってくれた人が潤沢な資産をもち収入も高い人であるならば特に問題ありません。しかし自営業で収入が不安定であったり、住宅ローン・子供の学費・親の介護費などたくさんの固定費を抱えている中間所得層の人物だと、問題が発生してきます。 もし家賃を肩代わりする機関が1、2か月程度ならまだしも、半年、1年となってくると次第に保証人に心の余裕がなくなってきて、関係が悪化する恐れがあります。さらに、それがきっかけで絶交状態に陥ったり、のちのち裁判沙汰に発展する可能性も否定できません。