初期費用を準備しておく

必ずかかる費用ってどんなものがあるの?

初めての一人暮らし、実際に部屋を借りるのにはいくらぐらいかかるの?と不安になりますよね。そこで住宅を借りる際にかかる費用について基本知識をまとめてみました。まず必ずかかるものとして、敷金があげられます。これは部屋を引き払う際に、原状を回復するための費用の前払いと考えてください。よって、退去時に敷金から原状回復費用を差し引いた額が戻ってきます。金額としては、家賃の1~2か月分が目安となります。続いて礼金です。 こちらも家賃の1~2か月分が目安です。これは文字通り部屋を所有する大家さんへのお礼のお金です。近年は礼金がかからない物件も増えています。また、仲介手数料もかかります。こちらは家賃1か月分が目安です。大家さんと借り主の仲介を請け負ってくれる不動産会社に支払うものとなります。火災保険料もかかるとお考えください。こちらはおおよそ2万円程度です。火災などに備え損害保険に加入する必要があります。

他にはどんな費用があるの?

その他の部分では、引越し費用があります。最近は家具備え付け住居などもありますが、そうした住居でない場合や友人が引っ越しを手伝ってくれる場合以外は必ずかかってきます。距離や荷物、引越し時期、使用する業者によってかかる費用が変わってきますので必ず見積もりをとりましょう。また、当然ですが、家具や家電を持っていない場合はその費用も考えておいた方が良いでしょう。 フリマサイトなどを利用すれば安く抑えることは可能です。その他、物件によっては鍵の交換料、前家賃などが初期費用としてかかってくるケースもあるので確認が必要です。ここまで初期費用としてかかる主な費目を見ていきましたが、これを合計していくとだいたい家賃の3~5倍くらいの金額が初期費用としてかかってきますので、計画的に貯蓄をしておきましょう。