支払い能力がある人を保証人にする

賃貸契約の保証人は誰を選べばいいの?

賃貸契約を行う際、保証人を一人もしくは二人つけて欲しいと言われます。これは、万が一支払いが滞ってしまった際に、契約者本人以外が負担をすることを条件に賃貸契約をするという意味で必要となります。学生の場合は保護者がなるケースが多いでしょう。また、ある程度の年齢がいった成人の方であっても、親や兄弟などにお願いするというのが一般的です。保証人になる人は、継続的な収入がある人となっている為、収入がない人の場合なることができません。

年金暮らしの両親が保証人になることはできないですし、働いていないフリーターの人がなることもできません。例え働いていなくても財産があるからといったところで考慮されることはないので注意しましょう。

継続的な収入が見込めるかどうかで判断

保証人になる人を選ぶ際に大切なことは、継続的な収入があるかどうかという点です。これは会社員勤めをしている人など安定した収入が見込める人にお願いします。賃貸契約の保証人というのは、家賃の滞納や不払いが続いた際、支払いをお願いする相手でもありますので、収入がない人にはお願いできません。

もし、誰にも頼むことができないといった場合は、保証会社にお願いするという方法もあります。保証会社にお願いする場合は、お金が必要となりますので用意しておきましょう。また、保証会社を使用することができるかどうかは物件によって異なりますので、事前に確認しておくと安心です。まずは、保証人になってくれそうな人を探してみましょう。