賃貸住宅は、物件数が多くなっており自分が住みたい住居を見つけやすい状況になっています。そこで、これから賃貸住宅に住みたいと考えている人のために、住む時に知っておきたい知識についてお話するので参考にしてくださいね。

賃貸住宅に入居する時に知っておきたい事

初期費用を準備しておく

初めての一人暮らし、実際に部屋を借りるのにはいくらぐらいかかるの?と不安になりますよね。そこで住宅を借りる際にかかる費用について基本知識をまとめてみました。まず必ずかかるものとして、敷金があげられ…

入居審査がある

賃貸住宅に入居する前に、審査があるのはご存知だと思います。では、なぜ審査をするのでしょうか。理由は簡単で入居希望者に家賃を支払う能力があるかどうかを見極めるためです。自分で払える家賃の物件に申し込…

新しい住居に引越するための準備の段取りをする

新しい賃貸住宅に住むことが決まったら、いよいよ引越の準備が始まります。まずは、引越方法の選定から取り掛かりましょう。様々な引越方法がありますが、主に引越業者や宅配業者に依頼する方法や、業者を頼らず…

賃貸住宅の保証人について

賃貸住宅に住む時には、審査があり保証人を準備しなければいけないです。保証人は最低でも一人必要になり、審査の時に保証人も審査対象になるので慎重に選びます。そこで、保証人の知識についてこれからお話しますね。

支払い能力がある人を保証人にする

賃貸契約を行う際、保証人を一人もしくは二人つけて欲しいと言われます。これは、万が一支払いが滞ってしまった際に、契約者本人以外が負担をすることを条件に賃貸契約をするという意味で必要となります。学生の…

なるべく親族を保証人にする

賃貸住宅に入居する際に必要となってくるケースが連帯保証人というものは、決して親族である必然性がない物件も存在します。しかし、連帯保証人になるという事は重い責任が発生するため、大家さんや不動産会社は…

保証人がいない場合は保証会社を活用する

保証人がいない場合の対処

賃貸住宅を借りる時には、基本的に保証人が必要です。保証人は、契約者が賃貸料を支払う事ができなかった時に代わりに支払っていく人であり賃貸住宅管理会社からすると重要な存在になっています。賃貸管理会社も、賃貸料を支払ってくれないと収益を確保する事ができないのでそのための対策を保証人制度という形で対処しているという事です。ただ、親や兄弟がいないまたは親族の中に審査に通る人がいない場合だと保証人を準備するのが難しいですよね。 そこで、保証人の代わりに保証会社を利用します。保証会社は、保証人と同じ役目をしてくれるので保証人を準備しなくてもOKです。不動産屋の中には、この保証会社が利用できる所も増えています。保証人が準備できない人は、注目すべきサービスでしょう。

保証会社を利用する時の注意点

賃貸住宅を借りる時には、例え保証人がいなくても保証会社を利用すれば問題なく賃貸住宅に住むことができます。しかし、保証会社を利用する時には注意する部分があり、それが家賃を滞納しないという事です。もし、家賃を滞納すると保証会社が代わりに支払うことになりますがそうなると保証会社からの信用がなくなってしまいます。何度も滞納して保証会社に迷惑をかけてしまうと、まったく信用がなくなり今後保証会社を利用できない可能性すらあるでしょう。 もし、今後保証会社を利用できないとなると新しい賃貸住宅に住む時には、保証会社に頼むことができずに自力で保証人を探す必要があります。保証人になってくれる人がいない場合だと、かなり致命的なマイナスになるので今後のためにも保証会社に迷惑をかけないようにしましょう。